FPGAプロジェクト始動

FPGA

CQ出版 2003年10月号デザインウェーブマガジン(Photo1)の付録であった、ALTERA Cyclone FPGAボード(Photo2)を、なんとかして動かしてみたいと考えプロジェクトを開始した。
このボードに搭載されていたCycloneチップは、ECP1C3T100
当時しては、LE数が3,000近くの高密度ロジックを持つ高機能なチップです。これが定価1,980円の雑誌の付録につくとは画期的なことだと思いました。

Photo1

この2年後の2005年には、1chipMSX(Cyclone EP1C12Q240C8 LE数:12,060搭載)も登場し、このレベル(雑誌付録のFPGAの4倍程度)のFPGAチップがあればMSX2レベル(CPU:Z80,VDP:V9938)のパソコンを作り上げることができるのです!!
その後FPGAの活用がホビーレベルでも大きく広がると思ったのですが…それから10年が経ち、電子機器に大きく活用されているのに対してホビー用途は、まだまだ弱い感じです。
オリジナルのFPGAシステムを構築して、内部理解が分かりやすく高機能なオリジナルCPUを作成することを目標にプロジェクトを進めていきます。

 

コメント

コメントを残す